部門紹介タイトル

営業部門

製造部門

【営業部門】

商品について知り尽くすこと、
パッケージングはそこから始まる。

営業部門イメージ1

ダンボールケースの中身は多岐にわたっている。
食品や電化製品・精密機器等、
その種類だけではなく重量や流通手段も様々である。
その商品にあった最適なダンボールケースはいったいどんなものなのか。
DPSグループが目指しているのは、
包装のプロフェッショナルとしてのコンサルティング的な営業。
それは全て、中身について知り尽くすことから始まる。

営業部門イメージ2

営業部門イメージ3
  商品の特徴は?流通方法は?
  それに合わせた最適な仕様を
  コンサルティング
  明るく丁寧な応対はもとより
  正確にご注文を承り、
  いつでもメモは忘れない。


【製造部門】

実績で裏付けされた技術力で、
アグレッシブに展開する製造部門。

製造部門イメージ1

時代の要求するものは、他品種小ロット、そして短納期化。
まさしく商品の数だけ、ダンボールが産まれている。
この何万種類に及ぶダンボールケースを、
DPSグループでは、業界に先駆けて導入したコンピュータで
生産ラインを管理し、コントロールしている。
また、各種の機械もメーカーと共同で開発するなど、
その技術と積極的な展開は、そのままグループの姿勢である。

製造部門イメージ2
フレキソ・オートプラテン

製造部門イメージ3
プリンタースロッター


ホームページへ
ホームページへ

会社案内ボタン

求人情報ボタン